四天界静香と光の語録
このサイトは四天界静香さんと光の存在からの教えを、語録としてまとめたものです
(注意:必ず携帯パケット料金定額制にしてからご覧下さい)


光の道
光の道とは、心に余裕を持ち、来るべき日に備え、生かされていることに感謝しながら生きること。

光の道とは、魂が求めることを選択し、周りの思惑や、この世でまかり通っていることに惑わされることなく、自分が信じている道を歩むこと。

光の道とは、人々の幸せを願い、人々の幸せは自分の幸せだと感じることができること。

光の道とは、心で感じたことを、そのまま行動に移せること。頭のフィルターを通さず、真っ直ぐに魂で受け取ること。

光の道とは、うそ偽りのないこと。

これらすべてを身につけ、魂の輝きを求め続けること。

求め続ければ、いつか必ず花開く。 己を輝かせることを行えば、必ず導きあり。導きに従えば、必ず真実にたどり着く

重要なことSKKT
 素直さ=S 清らかさ=K
謙虚さ=K 淡々と=T

素直に生きる = 心を真っ白にすることが清らかになるということ、そしてそれを持続させるのが素直さ

清らかさ = 純粋な魂は清らかな為、魂が望んでいることに従うこと。心静かに自分と向き合い、魂の声が聞こえるようになれば、後はそれに従えば良い


自分を清らかに保つ方法
@ヒーリングを受ける。
A水晶を風呂に持って入り、体を洗ったあと、水晶で体全体をなでる。
B風呂に入れない場合は、服の上からでも水晶で全身をなでる。
C水晶がない場合は、手の中に光の玉を作り(イメージする)その光の玉で全身をなでる。
D「ホ・オポノポノ」の言葉を無心に何回も唱える
(「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛してます」)
E自分の目の前に「5次元の扉」があるとイメージし扉が見えたら、思い切り扉を開けて、中から眩いばかりの光を受取る。


謙虚さ
謙虚さとは自分を卑下することではない。『本当の自分を知っている』ということ。本当の自分や、自分の力や技量、出来る範囲を知って、見栄を張らないこと。


謙虚さを生む方法
 朝起きたら手を合わせて神に感謝すること。「昨日まで無事に生きて来られて感謝します。また今日一日が無事に過ごせますように、これから起きるいろいろな出来事が大難より小難に、さらに小難より無難になりますように」と言って祈る。


淡々と
光を受取ったら、それに係わらず、日常生活を今までとおり淡々と過ごす。特別に何かしようとか思わないこと、あなたがそこに居るだけで、充分回りの人に光は伝っていく。


indexへ

【送料無料】アセンション光に生きる
【送料無料】きらめく地球へ
power stone
天然石 SORA
rakushopping
(ブログ)光の道を歩む

(ブログ)蔵之介からの贈り物